ブログ

  • ちょっと春のプログラム

    2016年02月15日

    急に暖かくなって、冬の歌や雪の歌はどうしましょう・・・っていう感じ。

    これだけ、毎日気温の変化が大きいと音楽活動(療法)現場の歌もその日の様子で変化しますね。

     

    今日は暖かかったので、2月の振り返り~と称して

    始まりの歌→リンゴの歌

    2月3日節分→豆まき、2月4日立春→早春賦

    2月11日建国記念日→紀元節、梅が満開→湯島の白梅

    春を呼ぶ→ソーラン節で楽器をもって船漕ぎ→北海道からオホーツク海へ

    ロシア民謡で→カチューシャ(りんごの花ほころび~♪)

    どこかで春が→うれしいひな祭り

    月1回の訪問で次回行くのはもう3月半ばなので、今日「ひな祭り」を入れました。

     

    寒い冷え込む日だったら、もう少し雪が出てくる歌や春待ちの歌を入れたいですね~。

    (カチューシャ可愛いや別れのつらさ~せめて淡雪融けぬ間に~♪ 雪解け~青空、南風~♪など)

    施設入居の皆さんは季節の風を感じることが少ないので、その日その日の季節感を話題提供とともに歌で感じていただきたいものですね。