ブログ

  • アクティブシニア協会

    2016年01月27日

    1月26日(火)今日は守口市教育文化会館で開催された

    アクティブシニア「入門講座」で「音楽療法について」の講義をさせていただきました。

    お集まりいただいたのは60歳~80歳ぐらいの約30人。女性8割、男性2割ぐらいの方々でした。

    アクティブシニアとして何か活動をしていきたいという意欲を持っておられる皆さんに

    音楽療法が高齢者の介護予防、認知症予防に効果的であるという講義を約90分

    歌うことが口腔ケアに繋がり、誤嚥性肺炎の予防にもなるということを

    講義の中で実際に歌いながら体験して頂き、効果を実感していただきました。

    ・お口の体操として・・・あいうえお(富士山)

    ・舌の体操として・・・・パタカラ(雪の歌で)

    ・脳トレとして・・・・・歌詞の思い出し(凧の歌、雪)

    ・認知機能向上として・・歌とリズム(楽器を使ってお猿のかごや、花笠音頭)

    ・会話の促進として・・・曲の時代背景や情景(1月1日、富士山)

    皆さん、とても熱心に聴いてくださり、また積極的に体験にも参加してくださり

    音楽療法の効果を実感して好評をいただきました。

    守口市の皆さんにこのような機会を持って下さったアクティブシニア協会に

    感謝いたします。ありがとうございました。