ブログ

  • 思いを伝える

    2016年03月20日

    伝えたいことを「伝える」と「伝わる」は違います。

    伝えたいという気持ちのまま話をしても、相手に通じないこと、

    また、通じたと思っても通じていいなかったり、相手の感情を害していたり、コミュニケーションは難しいです。

     

    そもそも相手に対して、お互いにどういう感情をもっているのかに

    よっても捉え方が随分違ってきてしまいます。

     

    責める思いには人はとても敏感です。

    責められる気配を感じると心はシャットアウトしてしまいます。

    責める気持ちが無くても相手が責められていると思うと

    伝えたいことは伝わりません。所謂、言い方ですよね。

    伝えたいことを言ったからといって伝わることにはなりません。

     

    相手に本当に思いが伝わっているのか?

    自分の感情の赴くままに話ていないか?

    相手に責められていると感じさせていないか?

     

    冷静に客観的に自分を見る目がなければ、ただの独りよがりです。

    それで伝わったと思っていても、伝えただけで思いは伝わっていません。

    伝える努力を放棄するのは簡単ですが、努力して思いを伝えていくことが必要ですね。