ブログ

  • 沈丁花の香りと春の歌

    2016年02月27日

    まだまだ、毎日寒い日が続いています。

    でも、春は近づいていますね~。

    先日、自転車で走っていたら、ほのかに沈丁花の匂いがしました。

     ということで・・・春待ちプログラムです。

     

    どこかで春が・・・春を感じるものを探し。いろんな花の名前が出ました。

    北国の春・・・まだまだ雪が残る、北国に思いをはせて~のはずが?!         

           千昌夫の奥さんの名前の話で盛り上がりました。

    春よこい・・・1番の歌詞だけ出して、そのまま続けて2番の歌詞が出て   

           くるか?   見事最後まで歌えた方がいました!

    春が来た 簡単な歌なので歌詞幕を使わず、1番~3番まで歌詞を思いだ   

         していただいて、パタカラで舌の体操をしました。

         1番を全部「パ」で歌う、次は全部「タ」でと続けて「カ」

         「ラ」も。←これ結構口が疲れます!

    いい湯だな・・・楽器を持って、ババンババンバンバン

            歌詞に出てくる温泉を当てていただき、

            行かれたことのある温泉の名前をお聞きしました。

    ソーラン節・・・そのまま、楽器を持って船漕ぎ。太鼓も加えて賑やかに。

    クールダウンにひなまつり、うれしいひな祭り、どちらも4番まで、さらっと歌いました。

    最後は一日の終わりで締めくくり。

     

    なかなか良い感じにまとまって楽しんでいただけたプログラムでした。

    対象者の方の介護度にもよりますが、今回は会話促進を重視しました。

    ご参考までに~。