ブログ

  • 若葉

    2016年05月4日

    読売新聞の「編集手帳」コラムに

    文部省唱歌「若葉」が取り上げられていました。

     

    日米開戦の翌年 1942年(昭和17年)に発表された

    あざやかなみどりよ~♪で始まり、田畑や神社の鳥居などが明るい新緑に

    包まれる牧歌的な風景が歌われています。

    軍歌調の歌が主流だった戦時下にこの唱歌に安らぎを覚えた人もいたのでは?

    作曲者の平岡均之は清純で豊かな、古典的な和音感を子どもたちに身につけさせる

    事が永年の信条だったそうです。

    戦後、音楽の教科書にも掲載されたこの歌を「みどりの日」に

    ふと、思い出したということと、緑は本来、草木の新芽を示す言葉で

    後に色の名に転じたと言われること。赤ちゃんのことを「みどり児」というのは

    新芽のような若々しさに生命の息吹を感じ、そこから強いエネルギーを受け止めてきたことを

    熊本の被災地に想いを寄せて、この新芽のあざやかな緑に包まれた静謐な日々が一日も早く訪れるようにと

    締めくくってありました。

     

    新聞を読みながら、昨日の憲法記念日と合わせて、

    平和な日々だから新緑も楽しめるゴールデンウイークの有り難さに感謝しなければ・・・と思いました。

    ホントに一日も早い復興を祈ります。