ブログ

  • 誰のため?

    2016年06月17日

    ここ暫く、、、、いろんな所で、

    「誰の為にやってんのよ?」って腹の立つことが多かったのですが

    今日は「障がいのある子どもたちの為に!」「この子たちの将来の為に!」って

    連呼する人に出会ってちょっと感激しました。

     

    障がい児支援事業所連絡会というものに、恐る恐る…初めて参加してきました。

    熱い想いもって語る事業所の方たちを目の当たりにして、

    吹田市の障がい児支援はなかなかレベル高いな~と。

    この中でやっていくのは遣り甲斐あるな~♡♡♡と、嬉しくなりました。

     

    吹田市の中で音楽療法を地道に15年積み上げてきた経験はありますが

    障がい児支援は音楽クラブという教室事業だけで事業所としてはホントにひよこ。

    経営的にも民間企業のノウハウも無く、でもその分「利益」を追及する必要もないことが

    恵まれているなぁと感じました。

    勿論、赤字経営では困りますが、そもそも障がい児支援で儲けようとか、利益上げようとか、

    そんな発想の企業が参入出来るシステム自体おかしいのです。

    心底、社会貢献や福祉ということを目的にして、公的な部分で出来ないことを民間企業がカバーしてくれるなら本当にいいのですが。

    大手学習塾が障がい児向けの学習支援を放課後等デイサービスでしているところもあります。

    「子どもたちの為に」がブレてなかったら良いのですが・・・・