ブログ

  • 貧しい日本の老後

    2016年05月2日

    音楽療法を施設で取り入れたいと連絡を貰って何回か行かせて貰ったのに、

    中学生のお小遣いのような月に5000円の予算が取れない高齢者入所施設がありました。

     

    認知症が治る訳では無いけれど、、、 ずっと下を向いてた方が顔を上げて笑顔がでる。

    会話が出来ない方が大きな声で歌われる。生き生きした目を向けて見つめられる。

    そんなひと時が月に1回でも継続してあれば、その日を楽しみにされるし、

    短期記憶は消失すると言われているけれど、ちゃんと楽しい時間は覚えておられて、

    会話も成立して通じ合う事が出来る。

    食事、風呂、排泄、それだけのケア(作業)で 人間らしい終末が過ごせるのでしょうか?

    現場の職員は必要だと思って、音楽療法を取り入れたくても、結局予算が無いという理由で継続されない😢⤵⤵

    費用対効果? そんな高齢者施設に自分なら入りたいと思っているのでしょうか?

    介護職員の待遇改善もされない今の状況で 年間に何万もの予算は到底無理なのでしょう。

    貧しい日本の老後、庶民は早く死ねるように祈るしかないですね。