ブログ

  • 雪の音?

    2016年02月2日

    前回のブログの続きです!

    雪シリーズのプログラムの中で

    今日の歌おう会の中で参加者にもスタッフにもウケたお話しを。

     

    歌舞伎や日舞、文楽、狂言を観たことのある方は思い出されることもあるかと・・・

    雪が降るシーンではドンドンドンドンという低い太鼓の音が聞こえてくるのですが

    ご存知ですか~?

    「鷺娘」「お七」「近松」「野崎詣り」「お染久松」「椀久」などの題目で

    思い当たる方もいらっしゃるかと思いますが

    雪が降るシーンになるとドンドンドンドンドンドン~~激しく降ると音も激しく・・・

    この音が事務所にもある「バッファロードラム」の音と似ているのです!

     

    今日、歌おう会で「雪の降る街を」の中でこの太鼓を使って再現すると

    参加者の皆さん、口々に「歌舞伎の時にそうやったわ!」等、いろんな話で

    盛り上がりました。

     

    雪の音=太鼓というのは、実際にはあり得ないのですが、イメージ付けとして

    効果音として使われている音!

    歌舞伎や日舞の舞台裏では効果音プロのお囃子さんがいらっしゃるのです。

     

    日本の伝統文化である、歌舞伎、文楽、日舞、たまには興味を持って覗いてみるのも

    良いものです。高齢者の皆さんはとっても良くご存知です。